危機意識に突き動かされ、スポーツジムの会員に

2016年8月6日

そもそも、なぜ40歳をすぎてピアノを再開したかというと、人生に対する危機意識に突き動かされたのだと思います。「あぁ、このままでは、ただのおっさんになってしまう!」という危機感が通奏低音にあって、ある朝、久しぶりにピアノに触れたことでビビっと放電した!というのがことの真相。

さて、一か月ほど前、風呂上りに友人にもらった姿見(鏡)で自分の体を見たんです。

びっくり! 唖然! 呆然! なんじゃ、この体型は!

私、基本的に運動は不得意で球技はまったくもってダメなのですが、唯一、若い頃、長距離走だけは得意でした。就職してからも社会人駅伝なんかに出て、同僚からは「カモシカの走り」なんて言われていたのです。それが、いま鏡に映った姿はまるで「カモシカの妊娠」。

以来、この一か月、毎晩、お風呂に入る前に腹筋、背筋のトレーニングを続けていました。しかし、ピアノと同じく、一度心に点火してしまうと押さえが効かず、行くところまで行ってしまうのが私の習性です。

二週間前からスポーツジムの会員になり、土日の午前中は一時間半、みっちりトレーニングに汗をかいております。昨日はスピードの水着を購入。絶対にカモシカの体型を取り戻すぞ!と決意を新たにしております。

↓ ジャン! ↓

スポーツ水着
「走り、泳ぎ、弾く」という新手のトライアスロン競技があれば、きっと燃え上がります!


【お願い】ブログランキングに参加しています。読んだらこちら(Blog Rankingへ)こちら(ブログ村へ)をクリックいただけないでしょうか。励みになります。