「理想の家づくり」はホント遠い

2015年10月25日

家の設計の打ち合わせ
ここのところ、毎週土曜は、新居の設計の打ち合わせに出かけています。

家を建てた人なら分かってもらえると思いますが、「理想の家づくり」を追い求めると、お金がいくらあっても足りませんわ。

これもいい、あれもいい、とやっていたら、数百万単位で見積もりの値段が跳ね上がっていきます。都内で土地を買って家を立てたら、6000~7000万円くらい、ホントあっという間です。

今回、私はポイントを三点に絞りました。

1) 庭が100平方メートル以上(うさぎが放し飼いにできる)
2) LDK20畳以上(うさぎが跳ね回れる)
3) ピアノの防音室(夜、うさぎが練習できる)

これをリーズナブルに実現しようとすると、サラリーマンの私では、東京23区内はおろか通勤一時間圏内でも絶対無理。なので、土地は埼玉県の奥地かつ最寄り駅から2.5Kmキロ離れた場所。会社まで、何とか通勤時間90分のエリアになってしまいました。

プロパンガス&下水浄化槽の市街化調整区域ですが、土地は200平方メートルあり、庭は130平方メートルを確保できることに。これで、うさぎを放し飼いにできます。

上の三つの条件を実現できたので、もうその他はどうでもいいです。あとは、妻の好きにしてって感じ。

昨日の打ち合わせは、外観と内観のイメージの相談が中心でした。妻がカタログを見ながら、いろいろと迷っているので、設計士が思わず「ご主人はどんなイメージが理想ですか?」と私に水を向けました。

うーん、理想のイメージですか。

↓ 外観はこんな感じかな ↓

 

↓ 家の中はこんな感じがいい ↓

 


【お願い】ブログランキングに参加しています。読んだらこちら(にほんブログ村へ)をクリックいただけないでしょうか。励みになります。