練習日誌- ベトソナ14-2、ソコロフの演奏に膝を打つ

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ベートーヴェン/ピアノソナタ 第10番 ト長調 op.14-2 第2楽章・第3楽章使用楽譜
ショパン/練習曲 ヘ長調 op.25-3使用楽譜

昨日の師匠のレッスンで、全般的にもう少しテンポを上げるよう、指導された。

昨夜は金子勝子先生のレッスンだった。最初に埼玉ピアノコンクール本選の講評をお見せする。「結果はともかく、確実によくなっているわよ」と、まずは...

ベートーヴェンのソナタ 第10番、特に3楽章は、「8分音符=210/分」くらいまでテンポを上げると、キリッと締まった雰囲気になる。今のままでは「子供のソナタアルバム」だ。

そこで著名なピアニストはどんな感じで弾いているのか、YouTubeで調べてみた。

なるほど!と膝を打ったのがグレゴリー・ソコロフ。彼は、一般的に平易といわれる曲であっても、真似のできないオリジナリティーあふれる演奏をする。キリッとしまった緊張感ある3楽章に聞き惚れてしまった。

また、お手本にしたいのはダニエル・バレンボイムの演奏。スケールがホントに流麗。基本中の基本のスケールが、なかなかこのように美しく弾けないものだ。

毎日、少しずつテンポを上げていくしかない。

スポンサーリンク