年度末で多忙の中、月に一度のレッスンへ

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ひと月ぶりのレッスンへ。見ていただいた曲は2曲。

■ ベートーヴェン/ピアノソナタ 第10番 ト長調 op.14-2使用楽譜

仕事が年度末であることを言い訳に、とにかくこの一ヶ月、練習量が少なすぎる。師匠にもうバレバレ。重音の精度を上げることと、ベースのラインの流れに意識すること。二回同じ音型が繰り返すところ、二度目を工夫すること等、いつもながら当然のご指摘。特に下の両手が交差するところ、なかなか難しいが精度を上げなければ。

ベートーヴェン ピアノソナタ op.14-2 楽譜
ただ、全体の流れは出来上がっているので、次回のレッスンはぜひ2楽章へ、ということになった。

■ ショパン/練習曲 ヘ長調 op.25-3使用楽譜

この曲は最初の一小節目でストップがかかった。本質的にダメ。親指の力が瞬間に脱力して小指の方にスムーズに移らないと。左右別々にローテンポで、連打で全メロディーをさらい直す。

しかしながら、たった十数分でなんとなくスムーズに弾ける力の抜き方が見えた。師匠いわく「ショパンの練習曲でも、子供でもちゃんと手順通りにやれば弾けるんだから」と。確かに、うちの生徒を見ていると説得力あり。