プロ・アマ二元論のアブない落とし穴

シェアする

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ビジネスパーソン
FacebookのウォールやTwitterのタイムラインを追いかけていると、しばしばプロ・アマ論がシェアされてます。プロ・アマ論というのは、みんなが気になるテーマなんですかね。

劇団四季で学んだプロフェッショナルとアマチュアのほんの僅かな違い~生き残る人・消える人~11のポイント
プロとアマの違いとは?プロフェッショナルな人たちの特徴3つ
一目瞭然、プロとアマの違いとは? 成功と失敗を決める15の要素

ただ、いつも私が気になるのは、ほとんどの記事が「アマチュア」=「プロになれない人」「技能で生計を立てられない人」という定義から始まっています。「アマチュア(Amateur)」というのは「愛好家」という姿勢や生き方を指す言葉であって、「プロ」との間に上下関係はないし、決して二元論ではないと私は思っています。

100歩譲って「技能で生計を立てられる人」という定義づけると、プロスポーツ団体への所属、国家資格(会計士、医師、旅行業務取扱管理者)等、社会的に認知された境界線がある職業以外は、「プロ・アマ」の境界線があいまいになるという問題が生まれます。

だって、家計のプライマリーバランスとライフスタイルは人それぞれですから。

一人暮らしと家族五人では損益分岐点が変わりますよね。収入と生計を基準にすると、「一人暮らしならプロピアニストですが、家族ができてアマチュアピアニストになりました」という論理にならざるをえないです。

何ももってプロのピアニストとするのか? ピアニストの国家資格もありませんし、演奏だけで生計を立てられる人って、日本でほんの一握りでしょう。

じゃ、たとえば、私が毎日一生懸命ピアノを練習して、いろんなピアニストの演奏会のレビューを書いて、このブログが1ヶ月1000万PVくらいの閲覧数になると、広告で毎月70万円くらいの収入が予測されます。で、会社を辞めると、私は「プロの音楽家」でしょうか。なんか違いますよね。

私の本業であるインフォメーションテクノロジー業界では、基盤であるさまざまなソフトの多くは、無償のオープンソースとなっています。要は直接的な対価を得ず、ボランタリーな姿勢を持つエンジニアたちにより開発されています。ウェブサーバソフトウェアの「Apache」、データベースの「PostgreSQL」、プログラム言語「Ruby」、このブログの基盤である「WordPress」等。

じゃ、彼らを動かしているモチベーションは何なのか。それは一流の「アマチュアスピリッツ(愛好家精神)」だと思うのです。

結局、収入と生計を基準に、「プロであるか? アマであるか?」の二元論を追求すると、どこかで実情と食い違って「アブない根性論」に陥ってしまうと私は思っています。特に芸術においては。

何度かこのブログに書いていますが、プロとアマというのは「臨む姿勢の違い」というのが私の考え方です。

【音大生の就職】プロとアマに境界線なし?(2010/7/27)

相手と自分の利害が対立したとき、自分の利害を優先してよいのがアマチュア。相手の利害を優先しなければならないのがプロフェッショナル