鈴木鎮一を巡る秋(前編)『愛に生きる』、35年ぶりの再読

スズキ・メソードの創始者・鈴木鎮一氏の著書『愛に生きる―才能は生まれつきではない』。半世紀以上前に発行された本だが、時代を超えて残る名言にあふれている。例えば「五百回やってできない人も、五千回やればできるようになる、ということを忘れてはいけない」。大人のピアノ再開者への温かいメッセージだ。

父親の家族葬、よかったところ、しんどかったところ

この春、父親が亡くなり、母親と子供だけの家族葬を行いました。家族葬には、よいところ、しんどいところ、二面性があります。お金のこと、親戚とのこと等、実際の体験を書き留めておきます。その上で、家族葬向きの家庭と、家族葬向きでない家庭の違いについても私見を。

初めてのTOEIC受験は消化不良に終わった

初めてTOEIC Listening & Readingを受験した。50歳を過ぎて今さらだが。リスニングのパート2(短い会話)と、リーディングのパート7(長文読解)に苦戦。英検と違って、TOEICは上級者でないと満足できる結果は出せないので、今ひとつ「やった感」が得られなかった。

練習日誌- 3週間連続で芝生のメンテナンス

なぜだか、芝生のクオリティーには妙なこだわっている。同じくくらいのこだわりと時間を、花壇や鉢植えにかければ、もっと素敵な庭になると思う。なのに、花壇は一度植え付けると、あまり手間のかからないパンジーやら百日草ばかり。

スポンサーリンク