練習日誌- F.クープラン「葦」の転調が美しい

2015年10月20日

金子勝子/瞬発力のメトード 12の短調で(使用楽譜
ヴェルド/ピアノのテクニック 親指のくぐらせ 第2番(使用楽譜
ハノン/スケールとアルペジオ ロ短調(使用楽譜
モーツァルト/ピアノソナタ ト長調 K.V.283 第3楽章(使用楽譜
クープラン/クラヴサン曲集 第13組曲より「葦」使用楽譜

夜10時スタート。

クープランの「葦」、時間をかけて第二節の和声(コード進行)をじっくり見てみる。この第二節は、転調が続いて、切なくはっとするほど美しい箇所。特に、転回した和音が続き、中間色の淡い水彩画のよう。淡い色合いの絵に、別の色がにじむように転調していく。

クープラン「葦」楽譜
この微妙な中間色の変化をどう表現するかが、モダンピアノで弾く際のポイントだろう。しかし、本当に美しい曲だなぁ。


【お願い】ブログランキングに参加しています。読んだらこちら(にほんブログ村へ)をクリックいただけないでしょうか。励みになります。