冬の夕暮れにお似合いのジャック・デュフリ

2015年11月10日

冬のドライブ
最近、急激にフレンチバロックの鍵盤作品にはまりつつあります。なんていうのか、ある時代からピアノ作品って“見世物的要素”が加わり、聴衆に「どやっ!」と聴かせるための音楽がメジャーになっていったのでしょう。戦犯はフランツ・リストですね。

一方、ラモーやクープラン、デュフリのクラヴサン作品を聴いていると、聴衆に聴かせる=外に向かって発する音楽じゃなく、自分が楽しむ音楽=心の内に語りかけるような部分が、とても新鮮に感じるのです。

今日は、アレクサンドル・タローのクープラン集のCDをかけながら、クルマで少し離れたところにある高校に出かけました。アルバムの最後の曲、ジャック・デュフリの「ラ・ポトゥワン」。切ないメロディーは、冬の夕暮れのグラウンドにとっても似合いました。


【お願い】ブログランキングに参加しています。読んだらこちら(にほんブログ村へ)をクリックいただけないでしょうか。励みになります。

Deprecated: tag_link の使用はバージョン 2.5.0 から非推奨になっています ! 代わりに term_link を使ってください。 in /home/asahian/www/piano/wp-includes/functions.php on line 5088

Deprecated: tag_link の使用はバージョン 2.5.0 から非推奨になっています ! 代わりに term_link を使ってください。 in /home/asahian/www/piano/wp-includes/functions.php on line 5088

雑記アレクサンドル・タロー, ジャック・デュフリ

Posted by 鍵盤うさぎ