なぜ、猫は円いスペースに落ち着くのか?

鍵盤ねこ

毎年夏場は、イグサの円い座布団を出します。この座布団、鍵盤ねこが好きなんです。いつもこの上に鎮座しています。

私はハチワレ柄の鍵盤ねこと、しっぽが短いうさぎねこ、2匹の猫を買っていますが、どうやら猫はツルツルのフローリングよりも、柔らかいじゅうたんや布の方が落ち着くようです。

フローリングの方がヒンヤリして気持ちよさそうに思えるんですが、まぁ、ここはヒトも板間よりも畳のほうが落ち着くので、何となくわかります。

ところが、座り心地もさることながら、どうやらスペースの形状も猫の心理に影響を与えているような気がします。具体的には、体の大きさよりも一回り大きな円の中が落ち着くみたい。

そういえば、うさぎねこは時折、洗面器の中に寝転がっています。

うさぎねこ

この習性について調べると、面白い動画を発見しました。 畳の上にテープで円を作ると、猫がその中に移動する「猫転送装置」というもの。

どうして円いスペースを好むのでしょう?

「猫は、段ボール箱の中や周囲を囲まれているようなスペースを好む習性があり、これは身の危険を回避する本能的なものだ」なんて話を聞いたことがあります。

やはり「体が囲まれている」ことが落ち着くのでしょうか。謎だ。


【お願い】ブログランキングに参加しています。読んだらこちら(にほんブログ村へ)をクリックいただけないでしょうか。励みになります。