2019年の夏は、かつてないほどアクティブに動いた

夏が終わった。2019年の夏は、これまでにない盛りだくさんの夏だった。

ホント毎週末、外出していた。ざっと、こんな感じ。

7月下旬:トルコ・イスタンブールとエーゲ海9日間旅行

アソス遺跡(トルコ)
エーゲ海に面したローマ時代の遺跡。奥はギリシャのレスボス島

8月上旬:栃木県・那須岳に一泊二日登山

那須岳登山
那須の朝日岳、三本槍岳、茶臼岳を一泊二日で制覇

8月中旬:埼玉県・名栗の鍾乳洞探検

尾須沢鍾乳洞
飯能・名栗の山奥の岩場にある尾須沢鍾乳洞を探検

8月下旬:新潟県・十日町のアート巡り

十日町・大地の芸術祭
十日町、田舎の廃屋を活用した「ギャラリー湯山」で関根哲男展を鑑賞

8月末 山梨県・夏フェス『スウィートラブシャワー』

スウィートラブシャワー2019
山中湖で開かれた夏フェス「スウィートラブシャワー2019」へ。MISIAとSEKAI NO OWARIのライブを満喫

なぜ、こんなにアクティブな夏になったんだろう?

たぶん、「人生の残り時間」を意識し始めているからだと思う。

最近、1つ年上の会社の先輩が肺がんで亡くなった。また、同い年の同僚の奥さんも乳がんで亡くなった。

日本人が生涯でがんに罹患する確率は男性62%、女性47%だそうだ(出典:保健指導リソースガイド)。統計として2人に1人以上はがんになる。私の父親もがんで亡くなった。

健康診断を受けて、今のところ、私は健康ではあるが、来年のこの時期、元気でいられるかわからない。

父親も友人も、最後は病院で亡くなっている。最期、病室のベッドで天井を見ながら、私が絶対にこれだけは嫌だなと思ったこと。それは、「あそこに行っとけばよかったな」と後悔すること。

自分にとって、お金より、モノより、家よりも、自分が大切なのは、「旅した思い出」だろうと強く思うようになってきた。

そんな心境が、今年の夏をアクティブにさせた気がする。

そして、秋も冬もアクティブになりそう。


【お願い】ブログランキングに参加しています。読んだらこちら(にほんブログ村へ)をクリックいただけないでしょうか。励みになります。