ソコロフの「修道女モニク」が凄すぎる

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

グリゴリー・ソコロフが演奏するJ.F.ラモー、F.クープランは大好きなんだけど、F.クープランの「修道女モニク」は初めて聴いた。

こりゃすごい!

この曲は、技術的にはバイエルを終えたくらいでも弾けるし、私もときどき、タバコを一服吸うように弾いたりしています。

だけど、ソコロフの演奏には衝撃を受けました。フレンチバロック特有の装飾音がキラキラ。あぁ、こういう風に弾きたいものだ。

スポンサーリンク

コメント

  1. nlimone より:

    装飾音たくさんの部分、なんというか可憐で素敵な曲ですね!

  2. 鍵盤うさぎ より:

    クープラン、この装飾音を生かせるかが、至難の技なんです。