コンクールに参加して一番うらやましい光景とは?

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

夫婦・カップル
大人のアマチュアコンクールでは、女性の参加者に、ご主人(と思われる男性)が付き添いで来られているシーンによく出くわします。

そういえば、昨年の国際アマチュアピアノコンクールの予選。私の前の順番の女性が、出番が近づき舞台袖に行く際、隣に座っていたご主人(と思われる男性)とそっと握手をする光景に出くわしました。いや、もうトキメキ(←死語)と胸キュン!(←死語)のひと時でした。

今日のグランミューズの予選でも、女性の参加者が演奏を終えた後、ロビーでご主人(と思われる男性)とプチ反省会をやったり、駅までの道すがら、講評を読み合いながらお帰りになる光景に出くわしました。

いいなぁ。うらやましいなぁ。

こういう光景を見る度、「やっぱり男性たるもの、奥さんの晴れ舞台にちゃんと立ち会うべきだなぁ。自分が楽しんでいる場合じゃないよなぁ」と、いたく反省いたします。

ところで、隣の男性は皆さんご主人ですよね?

コメント

  1. より:

    私はむしろ、男性の奏者の方がパートナーを連れて来ないのが気になっています。
    やはり見せた方がいいと思うんですよ頑張ってる姿を。
    連れて来て頑張ってるんだ俺は!という姿をちゃんと見せないから、「ピアノに理解の無い」奥さんができあがってしまうんじゃないかと思います。

  2. 鍵盤うさぎ より:

    いやいや、何度も誘っているんですよー。でも、来てくれないし。

    そういや、確かに若い男子の彼女連れはいるけど、大人の男性のパートナー連れって、見かけないですね。

  3. kanon より:

    突然 乱入ごめんなさい。
    予選通過おめでとうございます。
    遠い九州で、人知れず うさぎさんのブログをチラ見してる主婦です。

    社会人で、お仕事お忙しいなか ブログやピアノやジムやら、またまた新築おうちやら・・・その、バイタリティ、尊敬いたします。

    娘が、ピアノ好きが高じて2年まえから 東京の音大に行っておりまして、この夏コンクール・・・とか言ってたんです。
    (一応 コンクール代はせびられました)  
    娘が、小さかったころ、私もコンクールに付き添っていってましたが、
    周りの子すべてが おりこうさんに見えるんですよね。
    もう、親の手や目が届くところにはいないけど・・・
    オペラの同伴が必要な時は、娘をさそってもらいたいです(笑)
    上野駅近くをうろついてるでしょう。

    今からますます暑い夏がはじまりますが、うさぎさんも
    頑張ってくださいね。

  4. 鍵盤うさぎ より:

    kanonさま、乱入歓迎です。オペラの同伴ですか。お誘いしていいものなら、とってもうれしいです。今後とも、よろしくお願いします。

  5. おいらさま より:

    寂しい想い、奥方さまに伝わるといいですね。 まずは、奥方さまの晴れ舞台にちゃんと立ち会う事から(何度も!)始めてみてはどうですかね? それとも、うさぎさんの出番だけ、こっそり見に行っているのかもしれませんよ? 星飛雄馬のお姉さんのように、どこからか、こっそり、涙浮かべて、うさぎさんを見守っていたりして。。。  例え、その場にいなくても、奥方さまは、うさぎさんの大切な日には、うさぎさんの健闘を祈って緊張した時間を過ごしていらっしゃる事だと思います。