タチアナ・ニコライエワのラフマニノフ「楽興の時」Op.16-4

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

バッハ弾きとして知られるタチアナ・ニコライエワ。ラフマニノフの楽興の時 op.16-4の演奏を発見。私が中学生の頃には、すでに枯淡のお婆さんという印象が強かったので、彼女がラフマニノフを弾いている姿ってどうも想像できない。

Op.16-4、この曲は、テクニックに耳がいきがちだけど、こぶしのきいたテーマの歌わせ方が印象的だ。吐き捨てるような第一主題と、語りかけるような第二主題が好対照。

下は、彼女の弟子のニコライ・ルガンスキーの演奏。F1ドライバーのようなスピード感はあるけど、師匠に比べると何やら味わい不足。

スポンサーリンク

コメント

  1. おいらさま より:

    とても美しいい曲ですね。 私には、絶対に弾けない系です。 鼻歌風にも、無理そうです。 うさぎさんの新居も随分、出来てきましたね! 楽しみですねー。 そう言えば、ゴールデンウィークなのですね? 楽しく充実した日々(強化練習ウィーク?)をお過ごし下さい。 

  2. 鍵盤うさぎ より:

    私にとっても絶対に弾けない系です。ゴールデンウィークは娯楽ざんまいです。