「主夫」でピアノの練習ができないなんて

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

会社をやめて二週間が経った(正確には、今月いっぱい有給休暇消化中)。その間、私と妻、両方の実家に6日間ずつ帰省した。

私の実家では、子供の頃から慣れ親しんだアップライトピアノで、毎日まったりと練習をしたが、妻の実家では、妻が体調不良のため、もっぱら息子と海山に出かけて毎日を過ごした。妻の実家には、昔、妻が弾いていたカワイのアップライトピアノがあるけど、さすがにガンガン練習するのは気が引ける。ちょろっと一度、弾いただけでおしまい。

一昨日、うちに帰ったはいいが、相変わらず妻の体調が悪いので、家事の90%を私がやっている。会社を辞めたら、ゆっくり読書とピアノの練習をと考えていたのだけど、実際には毎日、「やらないといけないこと」が細々とある。電球が切れたり、子供が牛乳をこぼしたり、新聞屋が集金に来たり、生命保険のセールスが来たり、子供を習い事に送ったり‥‥一日の時間を小さなタスクが断片的に占拠していく。

主婦の方なら「そんなの、当然じゃん!」と思われるだろうな。

で、ピアノがすぐそばにあり、昼間からでも練習できるはずなのに、実際にはまったく練習ができない。なぜだろう?

会社から夜11時に帰宅した方が、ピアノの前に座ろうという気になれた。レンタルスタジオで一時間ピアノを借りる方が、密度の濃い練習ができた。

うーむ、結局、私の場足、明確なモードの切り替えが必要なのだろうか‥‥。

毎日、ピアノの練習をちゃんとしている主婦、それから主婦兼ピアノの先生、私は尊敬します。マジです。

思い起こすと、平日は下のような練習時間の取り方が、いいパフォーマンスを出していた気がする。

夜8時   仕事終業
夜9時   帰宅(晩御飯&風呂)
夜10時30分   練習開始
夜11時30分   休憩
夜11時45分   練習再開
夜0時30分   練習終了、その後ネットサーフィン
夜1時   ブログを書く
夜2時   就寝

あと、もう一つ、最近の課題。

私は、子供部屋に電子ピアノを置いているのだが、昨年までは、私が練習する深夜、息子はすでに就寝していた。ところが、中学生になって、夜中に起きていることが多くなった。子供が起きていると、ヘッドフォンをかけていても、なかなか練習に集中できない。

近所で、ワンルームマンションを借りたいんだけどな‥‥。

スポンサーリンク