キャッシュ足りて、文化を知る

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

今日は、半分愚痴です。

実は、4月1日から関連会社に取締役で出向しております。出向のお知らせを、取引先や知人、友人にメールでお知らせしたら、「ご出世、おめでとうございます」というお返事を沢山いただきました。ありがとうございます。

でも、本音でいうと、今、大変複雑な気持ちなのです。ま、少しでも経営に携わった方ならご理解いただけるとは思いますが、つまるところ経営って、最も低い次元で言えば「キャッシュフローがどのくらいあるか」なのです。

キャッシュが潤沢にある本社の部長と、キャッシュに汲々とする関連会社の取締役とでは、精神的なプレッシャーが天地の開きほどあります。ま、会社でも個人でも同じようなものですが‥‥。

なので、決して「出世」なんてものではなく、何だか日々汲々とする立場に自分を追いやってしまったな、というのが私の実感。

月末になると、スタッフにちゃんとお給料を支払いますよね。でも、このご時勢、取引先はちゃんと入金してくれるのだろうか、とか微妙に不安になったりするわけです。取引先は入金してくれなくても、スタッフにちゃんとお給料を支払わないといけないですよね、当たり前だけど。でも、入金してくれない取引先が必ずあったりするわけ‥‥という不安の無限ループ。

というわけで、今週は何だかピアノの前に座る気になれないのです。

「衣食足りて、礼節を知る」ならぬ「キャッシュ足りて、文化を知る」です。