感想/柴咲コウ 池上本門寺コンサート(2017年秋)

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

柴咲コウ、NHKの大河ドラマ『女城主・直虎』の主役により、今年は全世代でメジャーになった。私は彼女の歌が好きで、時折、ドライブのBGMにかけている。彼女の歌は歌詞がホントにいい。意味不明なカタカナの羅列はなく、美しい日本語の数々が、メロディーと混じり合う。花鳥風月を感じる。JPOPなんてジャンル名よりも、「日本の歌」と称するにふさわしい。

私、柴咲コウの楽曲が結構好きだ。歌手・柴咲コウ、女優・柴咲コウが特に好きなわけではない。「柴咲コウの歌う楽曲」が好きなのだ。 何で好き...

そんな彼女が、東京・池上本門寺と京都・平安神宮で野外コンサートを行う情報を耳にした。東京での『柴咲寺院~池上本門寺 月夜の宴~』のチケットを、ソールドアウト間際に何とか入手。9月30日(土)夕方、楽しみに出かけた。

柴咲コウ 「柴咲 寺院」~池上本門寺 月夜の宴~
池上本門寺は、東京都・大田区にある日蓮上人の墓がある古刹。境内には広大な墓地があり、閑静な趣。コンサートは五重塔近くの桜広場で行われた。18時半開演。早めに到着して境内を散策。虫の音が周囲に聞こえ、「秋の夜長」という言葉がぴったりだった。

池上本門寺・五重塔
以下、この夜のセットリスト。

  1. 漆黒十五夜
  2. 浮雲
  3. テルーの唄(手嶌葵)
  4. 最愛
  5. 泪月 – oboro –
  6. 恋守唄
  7. 永遠のAstraea
  8. 月のしずく
  9. 野性の同盟
  10. 糸(中島みゆき)
  11. 永遠(ZARD)
  12. いざよい(新曲)
  13. かたちあるもの
  14. また、うまれるころには

間近で見るドレス姿のコウさんは本当に美しかった。声も伸びやか。ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』を主題歌「かたちあるもの」が生で聴けてよかった。

大河ドラマの撮影の合間に、いつこんなライブの準備をしたのだろう。新曲の発表まであった。彼女のあふれ出る創造力は、スリムな体から何とも想像できない。

さらに、今年はIT系の会社を設立し、社長に就任したらしい。

柴咲コウが資本金1.7億円のIT企業を設立(文春オンライン)

女優、歌い手を超えた今後の活動に目が離せない。

柴咲コウ 「柴咲 寺院」~池上本門寺 月夜の宴~
追伸:9月末とはいえ、秋。屋外なので、終演時間になると体が冷えた。

スポンサーリンク