クラビノーバ、若女子に引き取られることに

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

24日(土)に実家にあるアップライトピアノが、我が家に運ばれてきます。それに伴い、クラビノーバを廃棄処分する予定でした。1993年製で、少しばかり鍵盤が欠けているのため、下取りしてくれる業者はなかったのです。まぁ、18年間使ったので、十分に減価償却済みではあります。

それでも、ピアノを再開してからここ数年は、夜中にコンスタントに弾いていたので、解体処分されると思うと、ちょっと心残りな部分もありました。

そんなところ、私がピアノ好きであるのを知っている会社の営業ガールが、「欲しい!」と立候補してくれました。
24日(土)、アップライトピアノが来るついでに、同じ運送業者の手でクラビノーバは運び出されることに。よかった、よかった。

20代のカワイイ若女子に、毎晩、触ってもらえるなんて。お前、うらめしいぞ! いや、うらやましいぞ!

スポンサーリンク