恋とエッチとスクリャービン

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

「恋とエロスとスクリャービン」ってタイトルにしようかと思ったけど、あえて「エッチ」って言葉にしよう。

さて、スクリャービンの交響曲第4番は「法悦の詩」というタイトルが付いてます。高校生の頃、「法悦」という意味がわからず(辞書で調べればいいものを)、よくわからないまま「比叡山延暦寺の修行僧が記すストイックな詩」ってなイメージを勝手に抱いていました。で、大人になってから、英語のタイトルを見てびっくり。

The Poem of Ecstasy.

エクスタシーの詩なのか! 

誰だよ、「法悦の詩」なんてつまらない邦訳にしたのは。The Poem of Ecstasyってタイトルを知ってから聴くと、この曲、まったく違った印象になります。

そういや、ワーグナーの楽劇『トリスタンとイゾルテ』。作曲家自身が前奏曲について、こんな解説をしています。

「もっとも強い衝動、もっとも激しい努力へと、それが満たされることのない欲求を高めていった。それは、途方もなく熱望する心に無限の愛の歓喜の海へ到達する道を開き、突破口を見いだそうとする欲求である」。

こちらも、ワーグナーに目覚めた高校生の頃、私は帆船に乗り、広大な「無限の愛の歓喜の海」に向かって、悲しみの船出をするようなイメージを持っていました。

私が言いたいのは、
「童貞の想像力は、時として正反対の方角を指してしまう」 
ということです。

なんていうと下世話に思われますが、チベット仏教においては、崇高な性愛の情熱と歓喜が、そのまま悟りの境地として歓喜仏、男女交仏等、芸術として表現されています。性の神秘性は、芸術家の想像力を刺激してきました。

また、演奏会で、時として鳥肌が立ちそうな響き=快感に出合うことがあります。日常生活で気がつかない、封印されている「アブナイ秘孔」を刺激するピアニストって、たまにいるんですよねー。

で、なぜ、こんなことを長々と書いたかというと、ラサール石井氏の下のツイートがネット上で炎上したから(今は削除されています)。

ラサール石井氏のツイート
真央ちゃんの個人名を上げるのはどうかと思うけど、これはヨナちゃんの艶やかな演技に比較して、以前から言われていたこと。

例えば、スクリャービンの幻想曲。スクリャービンって、奥深いエッチな響きが魅力だと思っています(あえて「エロス」という言葉を使わず)。で、この曲、10代の音大生の演奏を何度か耳にしたことがあるんだけど、みんなエロくないんだな‥‥。
あえて、爆弾発言! スクリャービンのソナタ、第5番以降は、童貞やバージンは弾かない方がいいと思う。バレます。

下、台湾のピアニスト、胡瀞云(フ・チンユン)さんのスクリャービンの練習曲 Op.42-5。うーん、ゾクゾクするなー。素晴らしい!

スポンサーリンク

コメント

  1. より:

    すみません、スクリャービンは2番ソナタ、3番ソナタも、『貞やバージンは弾かない方がいいと思う。バレます。』だと思います。それこそOp.11の前奏曲集であっても。
    3番ソナタなんか1楽章の第2主題とか、弾けないと思うよ〜。

    逆にプロコフィエフとかは同じロシアものでも随分汎用性が高いと思う。子供でもリズム感とか拍子をきっちり取れる子だったらパリっ!と弾いてくれて感動できます。

  2. 12うぇfg より:

    うーん,リビドーが充満した記事ですね。(笑)

    ピアノの音色って,曲によってはエロスに直結するものなのでしょうね。エロスはもちろん生命の源ですから,人を惹きつけないわけがないのですよね。

  3. 鍵盤うさぎ より:

    >茜さま

    確かにソナタ第三番は「淑女のエロス」を感じます。スクリャービンのソナタの中では、うさぎが一番好きな曲です。

    >12うぇfgさま

    ときたま、リピドー充満の記事を書きたくなります。引き続き、ご期待ください!