練習日誌- 明日から仕事、正月休み最後の夜

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ヴェルド/ピアノのテクニック 親指のくぐらせ 第2番(使用楽譜
ハノン/スケールとアルペジオ ニ長調(使用楽譜
モーツァルト/ピアノソナタ ト長調 K.V.283 第3楽章(使用楽譜
クープラン/クラヴサン曲集 第13組曲より「葦」使用楽譜

今日は昼間に初詣に出かけて、夕方から爆睡。明日、仕事初めだけど、体力は残っているので、夜11時スタート。

モーツァルトは、第三楽章の展開部まで譜読み完了。超スローテンポで、何回か通してみる。展開部、最初の方の右手アルペジオの下降、運指がなかなか慣れない。ここは、毎日弾いて慣れるしかない。

クープランの「葦」も、昨日分析した第二部、ポピュラーピアノの感覚で和声の和音を左手で弾きながら、右手のメロディーを載せて、全体の流れをつかむ。左手は、スローテンポでメロディーとして何度も弾いた。

スポンサーリンク

コメント

  1. chisapon より:

    毎回ハノンをちゃんとやっていらしてえらいですね~
    練習時間はどのくらいなさっていらっしゃいますか?私は先生の「効果的な指のトレーニング」を全調やるだけです・・・
    次回のレッスンではあの本にあるノクターン遺作をやることになっているので、練習しています。譜読みは難しくないものの全然ちゃんと弾けてないです・・・結構次回が早くて・・・多少焦り気味・・・

  2. 鍵盤うさぎ より:

    chisaponさん、ハノンというよりスケール&アルペジオです。なんというか、子どもの頃の習慣で練習前のおまじないみたいのものです。

    練習時間は多いときで、一時間半くらい、短いときで50分くらいですが、毎日ちゃんと取れないのが悩みの種です。ではでは。