「金麦妻」は「金妻」じゃない!

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

今日、同世代の仕事仲間に「金麦妻」について熱く語ったら、「うさぎさん、篠ひろ子ってタイプだったけ?」って。

は??

それは「金妻」だっつーの!

金曜日の妻たちへ
金妻‥‥『金曜日の妻たちへ』シリーズは、1980年代に一世を風靡したドラマ。当時、私は10代だったけど、「これが大人の恋愛なのか!」と、半分は興味津々、半分はドロドロについていけませんでした。

さて、「金曜日の女」といえば、篠ひろ子さんですね。久しぶりに、このドラマ、YouTubeで見直すと、篠ひろ子さん演じる主人公の年齢設定は、なんと42歳だって! 私と同じ歳じゃん。しかし、私のガールフレンドには、篠ひろ子っぽい女性はいないなー。40歳を過ぎて「オリーブ少女」(オリーブおばさん)っぽいのはいるけどね。

ところで、「金妻」シリーズの主題歌で一番いいのは、やっぱり小林明子「恋におちて -Fall in love- 」かな。この曲、昔、友達の結婚式の二次会のBGMで何度もピアノで弾いた。当時の結婚式の定番曲だった。すごく素直な和声進行だから、何度聴いても飽きないんだろうな。


ま、「金妻」の主人公世代になってしまった私が、会社&門下の若女子に恋愛について一言アドバイスするなら、

恋は“する”ものではく、“おちる”ものだよ!

なんてね。あは。

スポンサーリンク

コメント

  1. Kie より:

    鍵盤うさぎさんこんにちわ。
    私も金妻だと思っていました~。