練習日誌- ショパン練習曲10-6、起伏を考えないと

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ショパン/練習曲 変ホ短調 op.10-6使用楽譜

4月に入って、まだ新しい組織での動きがぎこちない。微妙にストレスを抱えている。

深夜0時から「ピアノに触るだけ」でも練習しようと、ショパンのエチュードを。すでに全体は通せるようになっているが、どうもノンベンダラリとしている。全体のストーリーをもう少し考えないと。あと、ダイナミックにフォルテとピアニシモを表現しないと。まだ、ストーリーが描ききれていない。というか、本当っは先にストーリーを描いてから、ピアノに向かうべきなんだろうけどね。


SEIKO クォーツ メトロノームクォーツメトロノーム SQ-50V (セイコー)
私が使っているメトロノームです。くるくると回すツマミ式です。練習しながらテンポを調整するのは、デジタルスイッチのものよりも使いやすいです。8/分くらいずつしか調整できないですが、実用には十分。ポコポコ木魚を叩くような柔らかい音が気に入っています。一休さんが頭をひねったときに鳴る木魚の音を想像してください。フィンガートレーニングの先生も同じのを使ってます。重さ/140g サイズ/幅67mm×高さ95mm×厚み32mm