H.E.スタインウェイがテーマのモンブラン万年筆

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

スタインウェイのモンブラン万年筆
「モンブラン」人気のパトロンシリーズ、最新作はコンサートピアノの始祖にオマージュ(AFP)
Montblanc Patron of Art Edition: Henry E. Steinway(公式サイト)

万年筆は普段使っていませんが、仕事ではウォーターマンのボールペンとシャープペンシルを使っています。深いブルーの限定カラーバージョンです。限定バージョンの文房具というのは、どこかしら男心をくすぐるものがあります。

さて、スタインウェイ・アンド・サンズ社の創始者、H.E.スタインウェイをオマージュした万年筆が、モンブランから発売というニュースを発見。公式サイトを訪ねてみると、ピアノ好きにはたまらない高級感あるフォルムに息を飲みました。実物を見てみたい。

スタインウェイのモンブラン万年筆
「パトロンシリーズ 2014 ヘンリー E. スタインウェイ 888」は、ピアノの鍵盤を表現したブラックとホワイトの本体に、750ソリッドイエローゴールドのペン先を冠した一品。限定888本。

スタインウェイのモンブラン万年筆

スタインウェイのモンブラン万年筆一方、「パトロンシリーズ 2014 ヘンリー E. スタインウェイ 4810」は、黒光りするグランドピアノをブラックラッカーで表現。こちらは限定4810本。

ちなみに「パトロンシリーズ」とは、モンブランが古今東西のアートパトロンをオマージュしたコレクションとのこと(知らなかった)。なので、ペン先にはスタインウェイのポートレイトが描かれています。

で、値段は「パトロンシリーズ 2014 ヘンリー E. スタインウェイ 888」が105万3000円。「パトロンシリーズ 2014 ヘンリー E. スタインウェイ 4810」が31万3200円。

思わずゼロ一つ数え直しましたよ。スタインウェイのグランドピアノをお持ちの方は、ぜひこの万年筆でアナリーゼの書き込みを!

スポンサーリンク