アンジェラ・アキ『ANSWER』、ジャケ買い

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

アンジェラ・アキ「ANSWER」アンジェラ・アキの3rdアルバム『ANSWEAR』をゲット。いやー、特に彼女のファンじゃないんだけど、CDの裏表紙がベヒシュタインのロゴが入ったグランドピアノの写真だったんです。“ベヒ”ってのが気に入った。ライナーノーツにも、アンティークなベヒシュタインの写真がいろいろ載ってました。とにかく、このアルバム、グラフィックデザインが気に入った。

で、肝心の音楽の方は‥‥。

NHK全国学校音楽コンクール 中学校の部課題曲「手紙 ~拝啓、十五の君へ~」、ボブ・ディランのカバー「Knockin’ On Heaven’s Door」、ボズ・スキャッグスのカバー「We’re All Alone」と名曲ぞろい。確かに名曲ぞろいなんだけど、何か私の心にスコーンと響かないのはなぜなんだろう。11分の壮大な曲「レクイエム」も、彼女の世界観に心がシンクロする人が聴けば、涙するのだろうけど、正直、私には冗長に聴こえてしまう。

自然体の女性を描く歌世界、バブル世代のミドルエイジ男性管理職はどうも共感できない気が‥‥。あ、わかった! 彼女の歌の中に出てくる男性が嫌いなんだ。「花言葉が君に似合うよ」なんて言うオトコ、オレ、生理的にダメだ‥‥。それにね、「友達と恋人を足して二で割ると、答えはあなた」‥‥なんて言われても、オレ、うれしくないよ。

ま、あえて一曲選ぶと「ダリア」かな。以下、彼女自身のライナーノーツ。

初めて同棲すると決めた人との思い出を綴った赤裸裸な歌です。どの恋愛にも「シンボル」はあると思います。例えば、一緒にみた映画、聴いた音楽やプレゼントされたもの。私の場合は彼が買ってくれた赤いダリアの植木でした。私たちの恋愛が終わり、別れた当初は本当に辛くて、ダリアを見る事すらできませんでした。でも、時間が経った今となっては、「ダリア」は最初の愛を彩る思い出の花です。

女性版「神田川」、21世紀の四畳半フォークって感じでしょうか。何だかボロクソ言ってますが、ジャケットとライナーノーツのベヒシュタインはいいです。

スポンサーリンク