練習日誌- 公民館のピアノで2時間ばかり練習

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

金子勝子/瞬発力のメトード 12の短調で(使用楽譜
ヴェルド/ピアノのテクニック トリルの練習 第1番(使用楽譜
ハノン/スケールとアルペジオ ヘ短調(使用楽譜
ショパン/三つの新練習曲 第1番 ヘ短調使用楽譜
ショパン/三つの新練習曲 第3番 変イ長調使用楽譜
ショパン/ノクターン 第1番 op.9-1 変ロ短調使用楽譜
ラフマニノフ/幻想的小品集 Op.3-1 エレジー使用楽譜

公民館のピアノ今日も、昼と夜、二回に分けて気合を入れて練習した。

夜は8時から公民館へ。今日は2時間会議室を借りた。すっかり、この部屋、馴染んでしまったよ。でっかいホワイトボードも気にならなくなった。

ところが、ピアノを弾き始めて、ちょっと変なのに気が付く。鍵盤の奥の方に向けて傾斜しているような‥‥。ピアノの裏側、底を確認すると、右奥の車輪が車輪止めの板から落っこちていた。自分ひとりで何とか修復にトライ。ピアノを持ち上げることはできるのだけが、板を車輪の下に通すことができない。仕方なく、受付のおじさんを連れてきて、ピアノを押し上げてもらい、車輪の下にぐぐっと板を通した。「誰が落としたのでしょうね」、怪訝な表情をしながら、おじさんは部屋を出て行った。15分ほどロスしてしまった。せっかく二時間、部屋を借りたのに‥‥。

新エチュード 第1番 ヘ短調は解凍完了。昨年の発表会のとき並にドライブして弾けるようになった。新エチュード 第3番 変イ長調もほぼ出来上がったかな。

一時間ほど調子よく弾いていると、今度は弦の音がちょっとおかしい。弾き始めのときよりも、弦がビャンビャンと鳴るような気がする。うーむ、あんまり弾きすぎて弦が切れると嫌だな、とか思いつつ、とりあえず10時前まで弾きとおした。

ま、パブリックスペースだから、もろもろの不具合は仕方がない‥‥。

スポンサーリンク