モーツァルト「ロンド ニ長調 K.485」by ホロヴィッツ

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ソナチネアルバム第1巻でおなじみ、モーツァルトのロンド ニ長調。ウラディーミル・ホロヴィッツ、1987年3月、ウィーンのムジークフェラインザールにおけるライブ。いろんなピアノ発表会で、幾度となく女の子が弾くこの曲を聴いたけど、老ピアニストの弾くロンド、お茶目で可愛いですね。ミスタッチとかあるけれど、細かいことは気にしない、気にしない。ホロヴィツのリサイタルではなく、「発表会」と考えればいいんです。