練習日誌- お風呂休憩が有効

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

J.S.バッハピアノのテクニック
 指をほぐす練習その2 第4・8番
スケールとアルペジオ
 ヘ短調
ツェルニー40番
 第2番 ハ長調
 第3番 ハ長調
バッハ
 シンフォニア 第10番 ト長調
モーツァルト
 ソナタ K.V.547a ヘ長調

夜10時半開始。

ツェルニー第二番はほぼ完成。第三番、こういう曲は、まずアルペジオのメロディーを完全に指に覚えこまさないと、スピードアップできない。片手ずつ、ゆっくりメロディーをさらう。

シンフォニアのト長調。こちらも、三声部を別々に歌えるようになるまで覚えないと“合奏”できない。片手でメロディーを何度もさらう。仕上げまで、時間がかかりそう。

ここでお風呂休憩。最近、練習を前半、後半に分けて、お風呂に入ることが多い。休憩を入れた方が集中力が途切れないから。

モーツァルトは、ようやく粒が揃ってきた。デュナーミクに気を付けて、モーツァルトらしい、キラキラした微妙なニュアンスを出せるよう、細かいパーツに手を入れ始める。

1時を過ぎたので練習終了。

スポンサーリンク