コンクールに比べると検定試験って気が楽だな

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

英検受験票明日は、英語検定試験の一次試験(筆記・リスニング)の受験日です。

今週日曜、恥ずかしながら英語検定試験を受験(2015/10/7)

検定試験って受験するの何年ぶりだろう。10年以上経っている気がします。

今回は、確実に合格できそうな準二級ってこともありますが、一応、午後、過去の試験問題を本番と同じ時間でシミュレーションしておこうとは考えています。

しかし、ピアノのコンクールに比べると検定試験ってずいぶん気が楽ですね。

まず、合格点(70%)を取ればいい。満点を取る必要はないですから。分からない問題はスキップすればいいし、多少のミスは想定内。一方、コンクールってベストパフォーマンスを目指すじゃないですか。

あと、余った試験時間で解答を見直すことができる。演奏の場合、あとでミスした箇所だけ修正なんてできませんから。

もう、ぜんぜんプレッシャーが違います。

ちなみに受験会場は息子の通っている高校です。子供の学校の教室で本番受験なんて、ちょっと不思議な感じ。