練習日誌- リハビリテーション3日目

シェアする

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

スタディプラス記録金子勝子/瞬発力のメトード(使用楽譜
ハノン/スケールとアルペジオ ハ長調&イ短調(使用楽譜
ショパン/練習曲 変ホ短調 op.10-6使用楽譜

リハビリ初日は指の動きが重いし、支えが効かず打鍵がふにゃふにゃ。かなり焦ったけれど、師匠のメトードの即効性については、すでに経験していたので、黙々と30分間丁寧にメニューをこなす。

師匠のメトードの後は、スケールとアルペジオをこちらも遅いテンポで、一音一音深く打鍵をして、レガート、スタッカート、連打で変奏した後、無理のない速度でテンポを上げて弾いた。

三日目には早くも効果が出てきたような気がする。ピアノを弾かないと使わない指の筋肉が、目覚めただけなのかもしれないが。

ショパンのエチュードも、アバウトだった後半の暗譜をしっかりできるよう20分ほど練習した。