練習日誌- さすがに毎日90分練習するとよい気配が

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

金子勝子/瞬発力のメトード(使用楽譜
ハノン/ピアノ教本 スケール&アルペジオ 変ト長調&変ホ短調(使用楽譜
ショパン/練習曲 変ホ短調 op.10-6使用楽譜
バッハ/平均律クラヴィーア曲集 第2巻 ロ短調 前奏曲とフーガ使用楽譜

今日も、夜11時から90分ほど練習。

昨夜とまったく同じメニュー。30分間メトード、30分間ショパンのエチュード、30分間バッハのフーガ。

ショパンのエチュードはインテンポを守っているけれど、もう少しリタルダンドの箇所等、ロマン派らしい色付けをしたいところ。ここ数年、ロマン派の楽曲を弾いていないので、色付けの感覚を忘れてしまった。

フーガもインテンポでとにかく、かっちりと三拍子でぶれずに弾くことを意識した。アーティキュレーションはもう少し工夫しないとな。

さすがに五日間ほど、時間をかけて練習すると、ちょっといい気配が現われてきたみたい。


SEIKO クォーツ メトロノームクォーツメトロノーム SQ-50V (セイコー)
私が使っているメトロノームです。くるくると回すツマミ式です。練習しながらテンポを調整するのは、デジタルスイッチのものよりも使いやすいです。8/分くらいずつしか調整できないですが、実用には十分。ポコポコ木魚を叩くような柔らかい音が気に入っています。一休さんが頭をひねったときに鳴る木魚の音を想像してください。フィンガートレーニングの先生も同じのを使ってます。重さ/140g サイズ/幅67mm×高さ95mm×厚み32mm

スポンサーリンク