安田成美演じる芝居『クリプトグラム』の感想

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

シアタートラムで上演、お芝居『クリプトグラム』を観た。デイヴィッド・マメットの原作、小川絵梨子の翻訳・演出。キャストは安田成美、谷原章介、山田瑛璃(子役)の三人。

大好きな野村萬斎が芸術監督を務める世田谷パブリックシアターの公演ということもあるが、今回はぶっちゃけ、90年代、私が若き日の人気女優だった安田成美の舞台を観たかった! しかも、シアタートラムという小劇場で見られる!というのが出かけた理由だ(笑)。その想いは下の過去記事をご覧ください。

安田成美の舞台を語る前にドラマ『同・級・生』を(2013/11/10日)

さて、お芝居。結論からいうと、「うーむ‥‥」という感想だ。先日観た『秋のソナタ』があまりに素晴らしすぎたので、どうしても見劣りしてしまった。

まず、デイヴィッド・マメットの原作、「クリプトグラム」とは“暗号”の意味だ。暗号なだけに、観客が暗号を解く作業が求められる。しかも、日本語による翻訳なので、いかにも翻訳というセリフに最後まで心がシンクロしなかった。

マメットといえば、私の場合、『郵便配達は二度ベルを鳴らす』『俺たちは天使じゃない』等、映画監督としての側面しか、今まで知らなかった。映画に比べて、この芝居は“難解”だった。

ストーリーは妻(安田成美)、夫の友人(谷原章介)、息子(山田瑛璃)の三人が、夫の浮気・失踪によって家庭が崩壊していく様子を追ったもの。それぞれが自分のことしか考えていないので、どこか三人が咬み合わない。でも、家族でさえ、親子でさえ、親友でさえ、信用しきれない人間関係の哀しさ、いたましさを描いている。

ラストで観客一同、「ここでおしまい?」とあっけに取られた、というのが本音では?

一昨日、この芝居を観た演劇好きの方に感想を聞くと、「芝居の構築ができていない」と手厳しいご指摘。

ともかく、私にとっては、同い歳、憧れのナマ安田成美ちゃんを見られた、ということだけが満足な夜だった。


相変わらず、可愛いなぁ。

しかしながら、このお芝居、私の評価は星二つ☆☆★★★。

芝居『クリプトグラム』
追伸:
そうそう、パンフレット、赤い半透明のプラスティックを活かしたブックデザインは秀逸だった。

スポンサーリンク