PTNA新百合ヶ丘ピアノステップ@昭和音大へ

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

昨夜は、師匠・金子勝子先生主宰の新百合ヶ丘秋季ステップ。実に一年半ぶりのピティナステップだった。

ただ、10月は仕事が佳境のため、昨日は昼間、会社でお仕事。夕方5時に会社を出て、小田急線で新百合ヶ丘に向かった。本当は、池袋か渋谷のスタジオで指ならしをしてから出かけたかったけど、どうにもこうにも仕方がない。

6時前に会場に着いたものの、気分がまだオフィスモード。頭の中でカタカナIT用語がうごめいている。やはり本番がある日は、朝から身体の中を音楽で満たしていかないと、ピアノを前にしてもモードが切り替わらない。

残念なことに、会場の昭和音楽大学のホール「ラ・サーラ・スカラ」は、ホールの外にロビーがない。エレベーターを5階で降りると、いきなりホールの入り口がある。「ラ・サーラ・スカラ」は、ホールというより音大の“実戦シミュレーション教室”という趣なのだ。

私は、たいてい本番の前は、ホールの外のロビーで一人、これから弾く曲を胸のあたりで響かせるようなイメージトレーニングを行う。仕方がないので、一度1階に下りたものの、1階の教室はすべて音大生が練習に使っていた。あちゃ。今度は4階に上がってみたら、バレー教室で女子がレオタード姿で踊っていた。うろちょろしてたら、変態オヤジに思われちまう。

仕方なく再度5階に上がったら、この夏、国際アマコンに一緒に参加した同門の社会人Kさん、同じく同門の中学生「熱情少年」親子、そして先日、テレビ「題名のない音楽会」に出演した小学生・子牛先輩(牛田智大クン)親子が登場。

「うさぎさんの演奏、楽しみにしていますよ!」と子牛先輩ママ。「えっ? 私の演奏、聴かれるのですか?」、今日はホントに準備不足なんですが。

なんてやり取りを廊下でしていたら、あっという間に本番タイム。ホールへ入場。

うーん、いかん。緊張感がない。

このホールで演奏をするのは三回目であること。同門の知人が多いこと。何より、さっきまでオフィスで仕事をしていたこと。よーし、本番!という緊張感が足りないのだ。リラックスというのとはちょっと違っている。いい意味での緊張感がないと、ヘンなミスしちゃいそう‥‥。

第七部、9人が演奏する中で私は8番バッター。前の方々の演奏、楽しく聴かせていただいた。何だか、自分が演奏するの忘れてしまいそう。十分に楽しんだ後、私の名前を呼ばれてステージへ。

下の二曲が今日のメニュー。

クープラン/クラヴサン曲集 第13組曲より「葦」
ラヴェル/ハイドンの名によるメヌエット

いずれも小品なので、あっという間に演奏終了。

演奏を終えての感想は二つ。

●クープランでダンパーペダルを使いすぎた。
●二曲とも、ちょっと過剰なカンタービレだった。

後ほど、三人のアドバイザーの先生からいただいた講評も、この二点を指摘いただいていた。

ペダルが多すぎるのが残念でした。ペダルはほとんど使わなくてよいのではないでしょうか。端正な中にそこはかとない余情を漂わせないとと思います。身体を動かしすぎるとコントロールが難しくなるので注意してください。

拍子をしっかりキープし、元のリズムにトリルが入るように、あまりくずしすぎないで下さい。バロックの曲です。ペダルも多いと思います。少々ロマン派の歌い方になっていました。ペダルにもう少し耳を傾けてください。

音色&バランスはとても素敵でしたが、ペダルが惜しいです! ペダルがなくても、ここのホールではOKでしょう。

ちなみに評価は、三人のアドバイザー共に「Great」=(優・良・可・不可でいうところの「良」)

なぜ、ダンパーペダルで失敗したか?

実は、うちの防音室の壁には吸音器具をつけている。なので、防音室の中で演奏すると、ほぼ反響がない。なので、無意識のうちにダンパーペダルで音をつなぐクセがついてしまった。

で、今日のようにいきなりホールで演奏すると、思わぬ反響にドギマギ。少しでもリハーサルをしていたら、バランスを修正できたのだが。これは、今後の課題だ。

よかった点としては、

ラヴェルの和音の色彩はよく出ていました。
(ラヴェルは)全体によくまとまっていたと思います。

と。

なんせ、ラヴェルを人前で弾くのは初めてだったので、ちょっと自信がついた。

ピティナピアノステップ・昭和音楽大学
終了後、金子門下の男子三人で記念撮影。左から子牛先輩(牛田智大クン)、鍵盤うさぎ、熱情少年(背丈が合わない!)。あともう一人、小熊先輩も昼間に参加していたらしいが、会えずに残念。

追伸:
今日も、一緒にステージに立った女性参加者のお一人から、「ブログ見ています!」とお声がけいただきました。ありがとうございます。ここのところ、金麦妻ネタに傾きがちでしたが、ピアノの話題もちゃんと発信していかないと!と決意を新たにしましたデス。

スポンサーリンク

コメント

  1. chisapon より:

    今頃まとめて拝見させて頂いており^^;すみません。このPTNAのステップ、金子先生から、出てみれば、と薦められていました。私は人前となるともう緊張しちゃってダメなので、その練習もかねて・・・実際は海外出張と重なってしまったため、出られなかったのですが・・・Greatを頂いたなんてすごいです!!

  2. 鍵盤うさぎ より:

    あ、Great の上にBravo ってのがありますので、「良」ですね。「優」をいただかないと…。