明日でお別れ、クラビノーバの旅支度

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

クラビノーバの掃除
明日、実家のアップライトピアノが自宅に搬入されます。それに伴い、クラビノーバが会社の若女子に引き取られていきます。なので、今夜は電子ピアノのラストナイト。

1993年製、鍵盤は欠けているし、譜面台は傾いているしで、“傷だらけのローラ”状態(←古い)なのですが、一応、当時、一番ハイグレードな電子ピアノだったので、しっかりと音は響きます。

若女子に引き取られるので、手垢にまみれたクラビノーバを濡れたふきんでゴシゴシ、サッサでツルツルに仕上げました。

クラビノーバ、可愛がってもらいなよ。

スポンサーリンク

コメント

  1. t_yana より:

    うちのエレピも1993年製。
    離婚した友達が「嫁のために買ったのに・・・なのでもう使わない」と引き取ったものです。時々キーが上がってこなかったりするほどポンコツになりましたが、娘はコレがいい!と離しません。

  2. 鍵盤うさぎ より:

    「離婚した嫁のために買ったエレピ」、なんか物語がありますね。長く使った楽器は、一緒に暮らしたペットみたいなものですな。