ご無沙汰! 1980年代のLOVEネクタイ

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

映画『メインテーマ』引っ越しに向けて整理を続けています。だけど、毎日、懐かしいモノが出てきて、その度に整理の手が止まってしまいます。うーむ。

今日はネクタイ。

ネクタイって、時代によって太め、細め、水玉、ストライプと、流行りすたりがあります。1980年代後半は、肩パットの入ったジャケットに細いネクタイが流行っていました。『メインテーマ』とか『キャバレー』とか、80年代の角川映画を観ると、当時の「スタイリッシュ」を垣間見ることができます。

私、ファッションは基本的にコンサバなアメリカントラッドなのですが、1985年前後、ひと時、DCブランドに走ったことがありました。SCOOPのコートやら、コムデギャルソンのパンツやら、買ったりしました。若気のいたりです。

で、洋服ダンスを整理していると、当時の細い水玉のネクタイが出てきました(写真下)。タグを見ると、MENS BIGI(!)。シルクです。骨董品として残しておこうっと。

ネクタイ
あと、30歳過ぎた頃、テディベア柄に凝ったこともありました。写真の真ん中は、JPRESS、クリスマスカラーのテディベア。写真右は、ラルフローレンのセカンドライン「CHAPS」のテディベア。結構、これ、会社の女子にはウケたのですよ。さすがに40歳をすぎて、このネクタイを締める勇気はないです。でも、お気に入りなので、残しておこうっと。

ネクタイって、女性にとって下着のようなものでしょうか。カラーと柄によって気分が変わります。でも、最近はビジネス現場でノーネクタイが普及したので、以前に比べるとこだわりがなくなりました。

そういや、ネクタイ褒めてくれる女子が周囲にいなくなったな。ハートカクテルな私としては寂しいかぎりでございます。

↓ 「ステキよー、ネクタイ、ステキ」と言ってくれる女子 ↓

スポンサーリンク

コメント

  1. おいらさま より:

    うさぎさんは、わりと、若い人達がまわりに多くないですか? 考えてみれば、私の職場でも、若い人達は、そう言う事をあまり言わないです。
    私や同年代の同僚、もしくは年配の上司は、まるで挨拶のように、お互いを褒めあいます。 ネクタイやアクセサリー、服、散髪したての頭、文房具にいたるまで、いろいろです。 くまさんのネクタイ、可愛いと思います。 大人のくまさんで、若者の反応をチェックです。 

  2. 鍵盤うさぎ より:

    おいらさま、比較の対象となる会社がないので、なんとも言えませんが、周囲は20代後半から30代前半が多いです。20代前半の若い人はいません。なんせ、ルーティンのない企画部門なので。