深まりゆく、妻との音楽性の溝

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

植村花菜CD竹内まりや姉さんの作品に「家に帰ろう~マイ・スイート・ホーム」って曲があります。

「冷蔵庫の中で凍りかけた愛を温め直したいのに、見る夢が違う 着る服が違う」「好きな歌違う、選ぶ絵も違う」という夫婦の倦怠期の姿を描いた歌です。ずっと何気なく、この曲を口ずさんでいましたが、最近、この歌詞はマジその通りだなと感心しています。

実は、私の嫁さんもピアノを弾きます。私よりポテンシャルな力はあると思っています。結婚する前は、時々、連弾をやったりしました。が、40歳を過ぎて、私がピアノを再開してからは、休日、ピアノばかり弾いているので、すっかり目の敵にするようになってしまいました‥‥。

かつて仲良く連弾で遊んでいた頃、「同じ趣味っていいですね」と周囲に言われたりしました。でも、正直、音楽性の趣味は微妙に違っていました。ま、往々にして、男子と女子では好きな音楽は違うものです。

で、かつては小さな溝であったものが、ここ10年ほど、音楽性の溝は深まるばかり。平日は、別々の行動だから気にはなりませんが、休日、一緒にクルマに乗るとBGMの指向が180度違ってちょっとしんどかったりします。まさに「好きな歌違う、選ぶ絵も違う」です。

ちょっと前はアンジェラ・アキ、今日は植村花菜のCDが積まれていました。アンジェラ・アキも植村花菜も、素晴らしいミュージシャンです。ただ、世界観がどうも好きになれないんです。ひと言でいうと「貧乏くさい」。

私は貧乏性ではありますが、貧乏くさいのは好きになれないのです。貧乏性はライフスタイルですが、貧乏くささはイデオロギーです。この二つの概念は断じて違うのです。

なわけで、私のクルマのダッシュボードには、アレクサンドル・タローの『ラモー・クラヴサン曲集』と、植村花菜の『わたしのかけらたち』が並んでおります。

でも、二人で乗るときは植村花菜のCDをかけるのですがね(苦笑)。

スポンサーリンク

コメント

  1. かな より:

    私はアンジェラ・アキは好きなので、「貧乏くさい」という表現が、ちょっとショックです・・
    貧乏くさいといえば、昔のフォークソング。南こうせつの神田川は、まさに「貧乏」である自分たちに酔っている図というのなら、わかりますけど。
    奥さまとは、色々あっても、お互いを素直に受け入れる。
    それがこれからも仲良く続ける秘訣なんですね。w

  2. おいらさま より:

    夫婦そろって夢中になっている趣味が同じとか、多くの面で好きな物が同じとか言うカップルって、滅多にいないんじゃないかなぁー。 応援するスポーツチームが同じだと言うケースはよくあるかもしれないけど。でも、うさぎさん、優しいですね。 ちゃんと、奥方様の趣味に合わせてCDをかけてあげて。 いつか、何らかのきっかけで、精神的に、更なる余裕ができたなら、過去に好きではなかった物が好きになったり、理解して感動したり等、あるかもしれませんよー。

  3. 50piano より:

    はじめまして、ブログ村ピアノランキングからやってまいりました。
    50歳になってピアノを再開したおばちゃんでございます。

    あの、、、、
    実は、私の周りでもアンジェラアキさんと植村花菜さんが
    ダブルで苦手という人が多いんです。
    お二人とも裕福な家庭に育ってらっしゃると聞いていますが、
    あの独特の空気感はなんなんでしょうね。
    私自身は、アンジェラさんはなんとか許容範疇なんですが、
    植村花菜さんは、テレビに映った瞬間に拒絶反応がでてしまい、
    いまだに、あの流行歌を聞いた事すらありませんの。

  4. おいらさま より:

    私も「トイレの神様」聞いた事がありませんでしたが、うさぎさんが折角添付して下さっているので、騙されたと思って聞いてみましたよー。 そんなに悪くないと思いました。 50pianoさんも、騙されたと思って聞いてみませんか? 祖父母が他界してもうかなりの年月が経つのですが、祖母の暖かさを思い出さしてくれました。 今夜は、「おばあちゃん」を想いながら、彼女の為にピアノを弾こうと思いました。 そして、今さら「べっぴんさん」には遅いけど、トイレをピカピカにしようって思いました。

  5. 鍵盤うさぎ より:

    植村花菜さんというより「トイレの神様」が苦手という人は多いです。で、この話題、昨年からすでにネット上ではさんざん議論になっています。好きな人と嫌いな人の掲示板での議論を読むとちょっとうんざりします。子供の頃からトマトやセロリの嫌いな人に、その栄養価を伝えても心に響かないのに近いかも。

    アンジェラ・アキも植村花菜も、素晴らしいアーティストだと思いますよ。ただ、私は歌詞も歌声も口に合わない(耳に合わない)としか、言いようがないんです。トマトやセロリが苦手というレベルです。