朝練のモーツァルトをYouTubeに(第3楽章)

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

この前の日曜、杉並公会堂での「アマコン朝練 増発便」に参加した際に練習したモーツァルトのピアノソナタ ト長調 K.V.283の第三楽章です。ピアノはウィーンの名器、ベーゼンドルファー・インペリアル。

うーん、まだまだベータバージョンだなー。

タッチ、打鍵がしどろもどろ。やりたいことは明確なんだけど、要は練習不足で走り込みが足りない状態。ま、五日間ほどピアノに触れずにいきなりベーゼン弾いたから、そりゃ足腰がふにゃふにゃ。五月、六月、なるべくグランドピアノで部分練習を一つひとつ、しっかりこなすしかない。頑張ろう。

スポンサーリンク

コメント

  1. より:

    良い曲だな〜。私もこの曲弾きたくなってきた!

  2. おいらさま より:

    本当に良い曲ですね~。 うさぎさんの一生懸命さも、時には気持ちよく弾いているところも、すごく良いと思いました! 頑張ってくださーい。 

  3. ゴン より:

    モーツァルトのやわらかい感じが出てて、いい演奏ですよ。モーツァルトはほとんど弾かないんですが、やはりよいかも、と思ってしまいました。

  4. 鍵盤うさぎ より:

    >茜さん

    この曲、中学生の時に弾いた際は、そんなに魅力を感じなかったのですが、一楽章、二楽章、三楽章ともに歌心にあふれて、なかなか楽しいです。三楽章は、モーツァルトのオペラを一人で演じているような気分になれますよ。

    >おいらさま

    いつもコメントありがとうございます。リズムがしっかりしていて、弾いていてもとても楽しい曲です。ぜひ!

    >ゴンさん

    ありがとうございます。綿毛のようにふわっと浮き上がる音を出したいのですが、なかなか難しいものです。