「フランス組曲」はフランス風高級ドイツ料理?

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

海外旅行に行くと、時々日本にはない変わった日本料理に出くわす。で、実際に食べてみると、最初はドキドキなんだけど、意外とおいしかったりする。

イタリア人が日本のパスタ屋で、醤油風味のタラコスパゲティを食べるとどうなんでしょ。結局のところ、コンセプトではなく、おいしいか、おいしくないか、それだけのことですね。

昨年からラモーやクープラン、ダカンなど、フレンチバロックばかり聴いたり、弾いたりしている。で、フレンチバロックに慣れた耳で、バッハのフランス組曲を聴くと、これって「フランス風ドイツ音楽」だよな、と思います。

フランス組曲。吉兆の総料理長が、韓国料理の素材で、「韓懐石」を作ってみました!って感じかな。

スポンサーリンク