太田裕美「雨だれ」を聴きたい夜

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

太田裕美「雨だれ」今日は寒くて冷たい雨の一日でした。

こんな日に限って、昼間、へんぴな場所に出かけねばならず、タクシーの誘惑に駆られながらも、何とか歩ききりました。

足の先も、手の指の先も痛くなってしまった。

うう、寒い。

こんな夜に聞きたい曲は、太田裕美さんの「雨だれ」でございます。

この曲はピアノソロがいいですね。

ひとり雨だれは淋しすぎて あなた呼びだしたりしてみたの

どうじょ、どうじょ、いつでもお呼び出しください。

ふたりに傘がひとつ 冬の街をはしゃぐ風のように

傘ひとつ、冬の雨に濡れたら、あったかいカフェでほっこりしませう。

寒くはないかと気使うあなたの さりげない仕草に気持がときめく
淋しがりやどうし肩よせあって つたえあうのよ弾む恋の芽ばえ

あ、私、こう見えて淋しがりやなんです‥‥。

今日、昼間に歩いた青山通りも、淋しがりや同士なら、景色も違って見えるかも‥‥。

そういや、去年の梅雨時も同じような記事を書いていました

スポンサーリンク

コメント

  1. 丘の魔女 より:

    こんな曲を聴きますと、もう一度娘時代に戻りたい、、、と、遠い日を懐かしく思います。
    このスタインウェイの響きもいいですね。殊に低音が。。。

    この方は(太田さん)ピアノもかなりお弾けになりそうね、装飾音(ターン)の最後の音の脱力音が其れを感じさせます。

  2. 鍵盤うさぎ より:

    丘の魔女さま、お久しぶりです。彼女はスタインウェイの大ファンで、自宅のピアノもスタインウェイだとか、何かの記事で読んだことがあります。1970年代の歌謡曲は、素敵な日本語の歌詞の曲が多くて、大好きです。