若者よ、リスクを恐れるなよ

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

成功
私は、昨年夏までは某総合商社の子会社の子会社(=孫会社)の役員をやっていましたが、昨年秋に再就職をし、今はちょっとオールドエコノミーな会社でIT部門の責任者をやっております。

某総合商社の子会社の子会社(=孫会社)は社員が20数名のベンチャーカンパニーでした。今、勤務している会社は東証一部上場で、就職してから勤めた中では、売上高、総資産、社員数共に一番大きな規模の会社です。

再就職して五か月ほどが経ち、最近、20代の若手社員とコミュニケーションをするようになりました。で、最近こんなやりとりがありました。

私、この先、3年間で取り組むべきIT投資について、20代の若手社員三人に自由にアイデア出しするよう、ブレストの時間を一時間取りました。そしたら全員無言。一人ずつ指名をしても、何をやりたいのか、何をやるべきなのか、さっぱりアイデアが出てこない。仕方がないから、私が思いつきで3つほどアイデアを述べたところ。そのうち一番若い男子がぼそっと言った言葉がこれ。

「うさぎさん、うちの会社の営業利益規模で、このクラスの投資はいかがなものでしょう」と。

‥‥はぁ? 目が点。

キミは取締役かっ! それは役員が考えることだよ。キミらに求められているのは、ぶっ飛んだアイデアなの!

うーむ。

で、最近、彼らとFacebookでつながって一つわかったことは(私、仕事はFacebook、ピアノはミクシィと分けてます)、みんな一橋大とか筑波大とか、やたらと偏差値の高い国立大の出身であること。道理でお利口&よい子なはずだ。ここ10年の就職難で、お利口&よい子ばかり採用しちゃったのかな。

長くて厳しい就職戦線を突破したので、みんな、なるべく平穏に日々を過ごしたいのだろうか。とにかくリスクを取りたがらない。
プロ野球、一流のバッターだって打率三割です。私だって、この10年、さまざまなプロジェクトに関わったけど、打率は三割弱だったと思う。10回打席に立って7回は空振り。だけど、打席に立ってバットを振らない限り、塁には出られないのだよ。

20代の後輩たちよ。
とにかく打席に立つこと。
ボールが飛んできたらバットを振ること。
三振するなら見逃しでなく、空振りすること。
キミたちにリスクなんてないのだよ。

スポンサーリンク

コメント

  1. かな より:

    ははあ・・なんだかわかる気がします。
    日経の就職ランキングでも、東京海上日動火災が1位でしたしね・・。理由が「一流企業で安定してるから」とか。私にとっては、はあ?と思います。
    20代だからこそ、冒険できることがあるのに、もったいないですね~

    私はベンチャー系や小回りの利く会社に居ただけに、やりたいことはやらせてもらったし得たものは大きかったなと思います。(ただなかなか身になってないだけですw)

    うさぎさんも40過ぎても、ヒットを打ち続けてください。頑張って!!

  2. 鍵盤うさぎ より:

    かなさん、社会人デビューしたころの私よりはるかに優秀なんだけど、頭がいいから無茶はしないんだろうな、と。ヒットは打てなくても、バッターボックスには立たないとね。