力が入る建築会社のオプションセールス

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

住宅見学
相変わらず、毎週休日は新しい家の打ち合わせに出かけております。

私は、ピアノの防音室さえ確保できれば、細かいパーツはあまり気になりません。ですが、実際にローンを組んで返済するのは私なので、ちゃんと確認しないと建築会社が困るらしい。きっと、出来上がってから「こんなんじゃなかった」と言い出すお客さんが多いのでしょう。それに、妻だけで打ち合わせに出かけて、「やっぱり防音室は必要ないです」なんて勝手な話になりかねないので、一緒に出かけて見張っておく必要があります。妻を一人にするのは危険だ。

というわけで、今日は予定地近くに、同じ建築会社が建てた「うさぎさんちのイメージに近い家がありますよ!」を見に行きました。
出かけてみると、このお家は玄関がズドーンと吹き抜けになって、大きな靴箱スペースがあって、洗面場には天窓から自然光が差し込んできて‥‥いま、設計してもらっている家より、はるかにお金がかかっている家でした。

確かに、玄関吹き抜けは気持ちがよさそうだし、靴箱スペースは使い勝手がよさげ。琉球畳の和室もいい感じでした。妻は琉球畳がいたく気に入ったみたいで、心揺れているようです。今度の家は和室がないだけに、「防音室より和室の方が家族団らんできるんじゃない」などと言い出しそうで、ヒヤヒヤしていました。

住宅見学
「仮契約を済ませた今こそ、グレードアップの勧めどき!」なんでしょうか。建築会社のセールスマン、説明にとっても力が入っていました。いずれにせよ、総予算は変わらないので、下手にオプションに目移りすると防音室がなくなりかねません。

「お腹減ったよ、ランチ行こうぜ」と、それとなく妻を急かして早々に退散しました。

スポンサーリンク