2010年=「ショパンイヤー」の傷が深い

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ショパン昨年、「これでもか!」と言わんばかりに、ショパンを聴かされたので、ちょっとショパンの音楽にアレルギー反応が出ています。

パソコンにもスマートフォンにも、ショパンの楽曲のMP3ファイルが山ほど入っているのですが、三か月ほど、聴いていない気がします。

別にショパンの音楽が嫌いじゃないのだけど、何だかほとんど聴いてしまったし、新しい発見がないというか。

あと、ドーンと感情が入っていて重いのです。ま、それを言うと、ロマン派のヴィルトゥオーゾなピアノ曲全般が、ちょっと今しんどい。

うーん、例えば、仕事を終えて疲れて帰ってきたら、友人から電話がかかってくるわけ。

で、ショパンの楽曲って、「オレ、やっぱりアイツのこと忘れられないんだよ」と、えんえん失恋話を聞かされる感じなんです。

で、リストの楽曲は、「今期、営業成績トップなんだよ。オレってイケてるよなー!」と、えんえん自慢話を聞かされる感じなんです。

で、シューマンの楽曲は、「オレは、やはりもっともっと国が芸術を支援すべきだと思うんだよ」と、収支の裏づけのない理想論をえんえん聞かされる感じなんです。

ごめん、オレ、今日疲れているから、電話切っていい?

‥‥なわけで、最近は、バロックばかり聴いております。

コメント

  1. より:

    吹きました。(苦笑)
    ただ、ショパンだけはちょっと違うかなあ。昔はそう思ってたんだけど。最近イメージ違うかも。

  2. scriabinmania より:

    楽しく読みましたが、ゴメンナサイ! シューマンもちょっと違うかなあ・・と。
    あと、晩年のリストもひと味違います。

  3. 鍵盤うさぎ より:

    >茜さん、scriabinmaniaさん

    とにかく、ロマン派の楽曲って、作曲家のパーソナルな想いをでっかい花束にして、「はい、受け取って!」って無理矢理に渡されるような感じが、いま、ちょっとしんどいのです。

    ただ、確かにリストの晩年の「巡礼の年」あたりはいいですね。

  4. scriabinmania より:

    > 作曲家のパーソナルな想いをでっかい花束にして・・・・
    それはわかるような気がします。

  5. 香菜 より:

    たとえがうまい! すごくわかります。

    私も病気入院~退院した後はしばらくバッハしか弾けなかったです。
    聴くのもダメ、考えるのもダメというのは「スペインもの」でした。
    熱気むんむんの暑苦しい男が寄ってくるみたいでね。
    スペインものが弾けるかどうかというのは、「元気」のバロメータでもあります。

  6. 桃まま より:

    わたしもコーヒー吹きそうになりました。
    ショパンイヤーが終わってからショパン練習しているわたしですが、なんとなくわかります。

  7. 鍵盤うさぎ より:

    香菜さん、桃ままさん、コメントありがとうございます。あぁ、スペインものは元気がいいときじゃないとダメですね(モンポウを除く)。私の場合、元気のバロメーターって何だろう。クイーン、ジャーニーあたりでしょうか。