新居の防音室のサイズ、ほぼ決定

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

防音室の図面一部の方々から熱烈な応援コメントをいただいておりました新居の防音室問題。今日、CADの設計図面が上がりまして、グランドピアノが入る最低サイズの三畳で、ほぼ家庭内の合意を得ることができました。

「これはグランドピアノの部屋!」という意図が分かるように、設計図面内にグランドピアノの図も入れてもらっています。ここにはアップライトではなく、グランドピアノが入るのだ!宣言。

もともと、私の仕事部屋(書斎)を8畳で考えていたのですが、防音室に3畳を取られ、しかも知らないうちにリビングの収納スペースとして、1畳分が攻め込まれている! あれ?

仕事部屋が4畳かぁ。BAUHAUSっぽい仕事部屋を目指していたのに‥‥。これじゃ、何だか「神田川」「赤ちょうちん」とか四畳半フォークの世界だよ。仕方ない。ここでピアノと同棲するか。

コメント

  1. アシル より:

    おぉ!
    とうとうGPが書き込まれましたね。。。。ん!?
    GPの絵、左右が反対になっていませんか!?

  2. より:

    ピアノは、ヤマハであればA1でなければ、C1〜C3はほとんど性能的にはなにも変わりません。うちはC1ですが非常に良い楽器です。むしろ大きさより、個体の良さを選別の時によく吟味すべきです。個人的には無理せずC1を強くお勧めします。あと、余裕があればサイレント付きC1にしておくとさらに丑三つ時&早朝対応可能ですよ!

  3. hotglass より:

    おめでとうございます&攻防戦おつかれさまでした。次はピアノ選びですね。

  4. 鍵盤うさぎ より:

    >アシルさん
    わ! これ、左右逆だ。私も気づいていませんでした。一応、設計士に言っておきます。

    >茜さん、hotglassさん
    ヤマハのC1か、カワイのRX1でしょうね。なんせ三畳ですので。防音室がカワイになりそうなので、セットで価格交渉です。ただ、防音室と同時は予算的に厳しいので、もうちょっと先になりそう。