美人ピアニストのCDジャケットを考察する

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

前の記事で、一番のお気に入りと書いたエレーヌ・グリモーのCDは、ジャケ買い(ジャケットが気に入って買うこと)でした。

↓ このアルバム ↓

エレーヌ・グリモーのCDジャケット

ま、雑誌でも表紙写真というのはとても重要で、嵐がトップを飾るだけで売上部数が伸びるそうです。仕事を頑張る女性なら、会社帰りのコンビニで、松潤や二宮くんが笑いかけてくれるだけで、とりあえず手に取ってしまうのでしょう。

クラシックCDも同じで、巨匠でもない限り、デビュー間もない若い女性ピアニストのアルバムを少しでも手に取ってもらうようにするなら、ビジュアルで「おっ!」と思わせられないとダメですね。

マーケティングでいうところの「AIDMAの法則」であります。クラシックCDであっても、Attention(注意)→Interest(関心)→Desire(欲求)→Memory(記憶)→Action(行動)という消費行動プロセスのAttentionが重要。ジャケット写真で「おっ!」です。

ところが、クラシックの美人ピアニストの場合、保守的な価値観を持つ顧客を対象としているためか、成人式やお見合い写真のようなジャケットが多いです。私の場合、せっかくの美女なのに心に残らない。「AIDMAの法則」でいうところの、Memory(記憶)にいたらないCD多数。

例えば、下のお見合い写真のようなジャケットは、「お、キレイな女子」Attention(注意)→「誰だよ?」Interest(関心)→「でも、少女時代の方がカワイイかも」Desire(欲求)、で、終わってしまいます。

美人ピアニストのCDジャケット

一方、私の場合は、下のようなちょっとフェティッシュなアングルのジャケット写真だと、「もっと他のアングルはないだろうか?」Desire(欲求)→「帰ってからGoogleで画像検索しなきゃ。覚えとこう」Memory(記憶)というアクションにつながります。

美人ピアニストのCDジャケット
美人ピアニストのジャケット写真に、今こそ新しい風を!

コメント

  1. より:

    >>仕事を頑張る女性なら、会社帰りのコンビニで、松潤や二宮くんが笑いかけてくれるだけで、とりあえず手に取ってしまうのでしょう。

    ごめーーーーん。無い。絶対に無い。w
    水嶋ヒロでも福山でも絶対に無い。w
    吉瀬美智子とかだったらとりあえず手に取る可能性があると思うけどなあ。(変?)

  2. 鍵盤うさぎ より:

    茜さん、え? 吉瀬美智子ですか! 仕事で疲れて帰った後、吉瀬美智子の表紙の雑誌を見て、元気になるとは。うーむ、わからんです、男には。私の場合は、金麦妻ですが。

  3. エステ荘の住人 より:

    横レスですみません。
    金麦妻、男性には人気ですねー。
    私の周りの既婚女性には、激しく不人気です。
    私も、今ひとつ。。いいときとそうでないときと
    ありますね。。(女優さん自身は好きなんですが)

    CDジャケット考、すごく参考になりました!
    いっそ、平安歌人のように後ろ姿ってのはいかがでしょうか?!

  4. 鍵盤うさぎ より:

    エステ荘の住人さま。そうなんですよ。既婚女性には人気ないのです。たぶん、既婚中年男性のファンタジーなのです。確かに、小野小町のような後姿ってのは面白いかも!