エレーヌ・グリモー、美しきCDジャケットの変遷

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

“美人すぎるピアニスト”として、アリス=紗良・オットちゃんが、昨今、注目を集めているが、元祖“美人すぎるピアニスト”といえば、エレーヌ・グリモーちゃんである。

“ちゃん”といっても、1969年生まれだから、あんまり私と年齢は変わらない。しかし、10代、20代、30代、40代と年齢と共に、美貌と音楽性ともに磨きがかかっているところが、タダの美しいだけのピアニストとの違いなのだ。

で、来週水曜は、グリモーちゃんのリサイタルがあって、鍵盤うさぎの一月のメインエンターテインメントであります。

今回のリサイタル、最前列のシートをゲッート!

しかもステージに向かって左側。ピアノの音響としては最悪のポジションだ。でもね、誰に何言われようがいいのだ。何てったって、元祖“美人すぎるピアニスト”なんだから。そういや、この座席の件、ある男性のピアノ仲間に話をしたら、「いい席取れたよねー。ワキの下まで見えるよ!」と。きゃ、ヘンタイ!

では、ここでアルバムジャケットで見る、エレーヌ・グリモーちゃん特集!

エレーヌ・グリモーのCDジャケット
10代の頃は、“萌え”系のアイドル路線だったのですな。

エレーヌ・グリモーのCDジャケット
左側は、クララ・シューマンの肖像を意識している気がするし、右側はジャニス・ジョプリンを意識していたり(なわけないか)

エレーヌ・グリモーのCDジャケット
ここ数年のアルバムジャケット。VOGUEやELLE、ファッションモード雑誌の表紙でも大丈夫。

↓ で、私が一番お気に入りのジャケットはこれ ↓

エレーヌ・グリモーのCDジャケット

デビューアルバム、ラフマニノフのピアノ協奏曲第二番を再録音したもの。指揮はウラディーミル・アシュケナージ、オケはフィルハーミニア管弦楽団。とってもリリカルなラフマニノフですよ。おすすめ。

グリモーちゃんのリサイタル、来週、詳細にレポートします。乞う、ご期待!

コメント

  1. nlimone より:

    こちらのブログにてエレーヌ・グリモーの演奏会を知り、ぴあでチケット購入しました♪
    平日はレッスンあり動けないのと、横浜の公演が土曜日にあり、そこに行きます。プログラムもバルトーク大好きだし、です。
    エレーヌさん、きれいでかっこいいですよね~私も好きなピアニストの一人です♪

    弾き合い会、鍵盤うさぎさんは、ワインは飲まれますか~?
    今年は色んな企画を考えています。大人なピアノの会とか。

  2. nlimone より:

    あ、私が行くのは神奈川県立音楽堂なんですー。今回はお会いできなく残念ですが、またの機会に!
    レポートも楽しみにしています!