AKB48「チャンスの順番」で学んだこと

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


AKB48の「チャンスの順番」は、昨年9月に武道館で行われた、『AKB48 19thシングル選抜じゃんけん大会』で、16位以内に入ったメンバーで歌われるシングルナンバー。実は、この「じゃんけん大会」を最前列で観戦させてもらった(お仕事ですよ)。一位になったメンバーが、この曲のセンターで歌えるというルールで、内田眞由美というこれまでまったく目立たない丸顔の“ぽっちゃり”した子が優勝した。で、常に人気上位の小嶋陽菜ちゃんが二位になったので、「こりゃ、隣で一緒に踊るとやっぱコジハルに目が行くよな」と、思っていた。

で、その後、あんまり彼女をチェックしていなかったのだけど、最近のプロモーションビデオを見てびっくり! めちゃダイエットに励んだのか、それとも、女のコはみんなに見られるとキレイになるのか、とても輝いて見えるのだ。

やっぱり、ピアノもみんなの前で弾かないとね。みんなに聴いてもらうことで、グレードアップするものだと、AKB48「チャンスの順番」を見て確信したよ。

コメント

  1. より:

    いや〜あたしもびっくりした。この子、こんな可愛かったっけ!? あのジャンケンのあとどうなったのかなと思ってたけど、これは驚きです(今日この歌はじめて聞きました)。コジハルの横においても見劣りしないのが凄い。

  2. an-dan-te より:

    おぉ~なんかすごい説得力。ともかく…今年もなんとかいろんな機会をつかまえて人前で弾いてみようってことですね(^-^)

    ピアノもそうだとは思うんですが、あんまり上達もしない今日このごろなので、まだ初心者で伸びしろたくさんのバイオリンだと特に思います。一回、発表会があるとぐっと音色が変わりますもん。

  3. 鍵盤うさぎ より:

    茜さん、でしょ? 女性ピアニストもステージで聞かれて、いや見られてこそ、美しくなっていくのでは…。

  4. 鍵盤うさぎ より:

    アンダンテさん、初心者の上達についてはいい本を読みましたので、またブログに書きますね。