練習日誌- ようやくブログの障害から立ち直った

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

金子勝子/瞬発力のメトード(使用楽譜
ハノン/ピアノ教本 スケール&アルペジオ 変ロ長調&ト短調(使用楽譜
ショパン/練習曲 変ホ短調 op.10-6使用楽譜
モーツァルト/ピアノソナタ K.310 イ短調 第1楽章使用楽譜

夕方5時から練習開始。ようやくこのブログの障害が復旧。ゴールデンウィークは存分にピアノを練習しようと思っていたのに、えらい回り道をしてしまった気分。

ショパンのエチュード、ソプラノとベースを響かせて、アルトは極力「屏風の裏」で鳴らせるようになった。かなりバランスはよくなったと思う。まずはソプラノとアルトでどれだけドラマティックなストーリーを作ることができるかが課題。来週のレッスンで師匠にアドバイスもらおうと思う。

モーツァルトのソナタ310。今日もメトロノームに合わせてテンポを揺れずに弾けるように練習。再現部のメロディーを連打でメトード風に繰り返した。


和声と楽式のアナリーゼ和声と楽式のアナリーゼ
著者/島岡譲  発行/音楽之友社

和声と形式については、高校の時にこの一冊で独習しました。全110ページ。基礎的なことしか書かれていませんが、この本の中の「課題」をちゃんとこなせば、古典派の楽曲は十分だと思います。事例は、バイエルやソナチネアルバム、ソナタアルバムの中に入っている曲ばかり。和声を学ぶなら、まずはこの一冊から!