杉並公会堂で見つけた「憧れの家庭像」

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

先日、杉並公会堂のエレベーター横に古いポスターが貼ってありました。カメラマンがベタベタに作ったポーズなんですけど、「憧れの家庭像」だったんです。思わず、ケータイで写真をパシャ。

↓    これ!   ↓

杉並公会堂のポスター
こんな感じでね、家族で娘のピアノの先生のリサイタルに行くのが夢でありました。行きに恵比寿三越でゴージャスな花束を買って、娘に持たせ‥‥。

銀座のヤマハに出かけて、娘が全音の1050円のフランス組曲の楽譜を手に取ったら、「それより、ウィーン原典版にしておきなさい」なんて余計なアドバイスをしてみたり。

娘のピアノ教室のお友達が家に遊びに来たら、「バッハもいいけど、フレンチバロックも楽しいよ」とか言って、リビングに置いたマホガニーのグランドピアノでクープランを弾いてしまったり。

大晦日、妄想が止まりません‥‥。

コメント

  1. yukko より:

    こんばんは&明けましておめでとうございます。
    ちょくちょく訪問しております、30代ピアノ弾きです。その妄想、いただき!です。といっても、娘はまだ1歳ですが・・・。

    ほかにも、丹羽さん(半年ほど前に著書を読みました)、金麦妻(私は永作博美の月桂冠シリーズの方がお気に入り)、など、色々と触れたいわ~と思う記述にうずうずしていますが、大晦日の深夜、これにて失礼します。また愛読させていただきます!

  2. 鍵盤うさぎ より:

    yukkoさま、ブログ拝見しました。なんとなく志向性が同じですね! どうぞ、妄想、もらちゃってください。今年も、よろしくお願いします。

  3. 桃まま より:

    明けましておめでとうございます。
    今年も妄想モード全開で、よろしくお願いします!(楽しみにしてますね^^)
    ちなみに親子でお世話になっているお師匠さまのリサイタルが来月にあるのですが、うちの息子の場合、「もぅ、ごそごそしてないで静かにしてなさいっ!」なんてわたしが小声で怒ってる場面ばかりが頭に浮かび、妄想どころではありません^^;
    仕方ないので普段よりちょっと正装させてちっちゃな花束でも持たせましょうか。。。

  4. 鍵盤うさぎ より:

    桃ままさま、はい、妄想には誰よりも自信があります。そうですね、子どもって大人の演奏は退屈しますものね。気が気じゃないお母さんおられます。今年もよろしくお願いします。