【動画】モーツァルト/ピアノソナタ第5番 ト長調

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ダニエル・バレンボイム演奏、ただ今、練習しているモーツァルト「ピアノソナタ 第5番 ト長調 K.V.283」です。1989年の録画。

彼の演奏、幾分テンポが早く、かつ切れ味が鋭すぎて、ちょっと好みの演奏じゃないです。モーツァルトは、イングリット・ヘブラーの演奏とか、ほのぼのした愛らしい雰囲気が好き。

でも、「メロディーの行方」という点ではとても参考になる演奏。さすがですね。

コメント

  1. jun より:

    しばらく読んでなかったんですけど、久しぶりに開けたらたくさん更新されてて、ばね指も治られたようで良かったですね。
    発表会にムジカーザの演奏会頑張ってください。
    ”手のひらからこぼしてきた砂…”ハッとするような言葉でした。気づきも大事だなと思いました。

  2. nlimone より:

    モーツァルトのソナタ5番は、私も好きです♪
    歌が溢れていますよね♪
    今、私もモーツァルトに取り組んでいますが・・・なかなか思ったように出来ず、苦戦してます。でも、がんばります♪

  3. 鍵盤うさぎ より:

    >junさま
    はい、ようやく復帰いたしました。そうなんです。手のひらから砂がハラハラとこぼれ落ちる日々‥‥。

    >nlimoneさま
    この曲、中学の頃、あまりにもまっとうな古典派ソナタなので、あまり印象に残りませんでした。当時は、310のイ短調のソナタが大好きでした。でも、いま、弾き直すとト長調らしいストレートさが魅力に感じています。