友人の嫁さんが雑誌『STORY』の読モ風だった

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

同級生と食事先日、高校~大学の同級生夫妻と嫁さん連れで食事をした。ちょっといい感じのスペイン料理店へ。いわゆるダブルデートだ。

最近の若者のデートは、女子がプランニングするらしい。アポイントも女子が取るんだって。じゃ、男子は何するんだろう。付いていくだけ?

私のようなバブル世代男子は、若い頃、デートに対してとてつもない切迫感があった。待ち合わせ場所、レストラン、プレゼント、ホテルまで、女子からプランニングを試される気分。プランを実施するにはお金がかかるので、学生時代、必死でアルバイトに励んだものだ。女子とのデートのためにみんなバイトをしていた、といっても過言ではない(少なくとも私はそうだった)。クリスマスプレゼントにティファニーのオープンハートを買った、スーパー恥ずかしい思い出も(爆)。

いま20代女性はなぜ40代男性に惹かれるのか (講談社+α新書)」って本が話題になっている。そりゃ、悪いが「女子へのおもてなし」については長年の経験と年季の差が大きいから、一度、バブル世代男子とデートしたらモトに戻れないと思う。

さて、相方の嫁さん、雑誌『STORY』の読者モデルみたいでびっくり。下のような感じ、ジャーン!

読者モデル
旦那の古い友人夫妻ってことで気合いが入ってたのかな。キラキラしてました。

でも、デートに気合いって大切だと思う。ハレの感覚がないとテンションが上がらないし、景気もよくならないし。キラキラの40代女子とのデートが、ニッポンを元気する!

スポンサーリンク