左手の「ばね指」、右手のすり傷

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

左手の「ばね指」、右手のすり傷
二週間ほど前から、左手の中指の付け根にちょっと違和感があり、病院に行きました。ピアノを弾けないほどではないのですが、これまで指を折るとポキポキ音を鳴らすことができたのに、中指だけちょっと痛くてできなくなったのです。指の関節をポキポキ鳴らすのって、どうなんでしょう。指の健康にいいのか、悪いのか。

ともかく、仕事がないと、致命的な傷でなくても「ちょっと病院に行ってみようか」てな気分になるものですね。二十年ぶりくらいに整形外科に出かけて、診察してもらったところ「ばね指」という診断を受けました。腱鞘炎の一歩手前で、ひどくなると手術が必要になるとか。とりあえず、塗り薬をもらって、毎日ヌリヌリしています。ピアノも、当面控えてください、と言われたので、練習自粛中です。

で、その翌々日、今度は、右手の手首を広範囲にズルッとすり傷を作ってしまいました。原因は、子供の体操教室にお弁当を届けに出かけたところ、普段、開いている裏門が閉まっていたのですね。正門まで回るのがじゃまくさくなって、門を乗り越えようとしたところ、着地に失敗。門のコンクリート部分でズルッとやってしまった次第。

こっちは、ヒリヒリと痛んでやっかいです。大型のバンドエイドを貼ってみたのですが、手首はよく動く箇所なので、じきにはがれてしまいました。洗い物もできなくなりました。

という、痛い痛い8月の下旬です。

コメント

  1. okaji より:

    ありゃりゃ。擦り傷はともかく、指は心配ですね。関節鳴らしのしすぎは、良くないらしいです。このあたり、整形外科専門の某氏などお詳しいのでは。どうぞおだいじに!

  2. たんぽぽ より:

    ばね指は、結構時間がかかるので、甘く見ないで直してくださいね。私はピアノではなく、PCのキーボード―で、人差し指をやってしまいました。え?と思われると思いますが、ずっと、大量の打ち込みをすべて人差し指でやっていたものですから(苦笑)では、おだいじに。

  3. 鍵盤うさぎ より:

    >okajiさん、たんぽぽさん

    レスが大変遅くなって申し訳ありません。しばらくピアノから離れていましたもので、ピアノを弾かない分には、ばね指も気にならないのです。とにかく、ちょっと指を休憩させております。