どぶさらい、そしてPTNAグランミューズ決勝

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

どぶさらい昨日土曜は、ピティナのピアノコンクール、グランミューズ部門の全国決勝がありました。銀座の王子ホールまで観に行きたかったのですが、今日は、息子の少年野球のホームグラウンド、小学校校庭の除草&側溝どぶさらい作業があり、断念しました。ちなみに、明日も別の学校で除草&側溝どぶさらい作業があります。

しかし、どうして真夏にこんな作業をするのでしょう? 炎天下、フツフツとした沸いてきた怒りと共に、役員さんに訊ねてみました。すると、秋の運動会を前に、夏休みの後半、校庭の除草&側溝どぶさらいをするのが、地域の長年の慣例とのこと。なるほど。
あ、今年の運動会は長年の慣例を破り、すでに春に開催済みじゃないか!‥‥ってことは家に帰ってから気がついたので後の祭りでした。

そりゃ、除草&側溝どぶさらい作業よりも、グランミューズ全国決勝の方が楽しいに決まっています。でもね、万が一、私が全国決勝に進んだとしても、涙を飲んで、校庭の除草&側溝どぶさらいを選択したことでしょう。

もしも、除草&側溝どぶさらい作業をブッチして、ピアノのコンクールなんぞに行こうものなら、妻&ご近所の主婦から中国・文化大革命ばりの糾弾を受けるはず。

文化大革命

うさぎのご主人は、子供をほっぽらかして
ピアノ弾いてらしたのよ。
ありえないわよねー!
造反有理!革命無罪!


なわけで、今日は一日、軍手にスコップで、友人のステージに思いを馳せていました。

で、夜、結果発表!

きゃ! 友人&知人が続々と入賞しているではありませんか! ステップやコンクールでしばしばご一緒させていただいているShinjiroさんは、ダブルス&シングルス両方で入賞。すげー! 門下の“アラフォー同志”の井上好美さんはA2部門で一位、そして我ら“社会人の星”中村香織さんがA1部門で二位。この結果、わがことのようにうれしいです。

井上好美さんと中村香織さん、二人の入賞は本当に励みになります。

なぜなら、お二人とも、スケールとスピードで弾きまくるタイプではなく、一音一音を細やかに、とても大切に演奏される方だからです。

今日演奏された、井上さんのグラナドスは紀尾井ホールでの師匠の45周年演奏会のときに聞きましたし、中村さんのハイドン、バッハも朝練や国際アマコンで聞かせていただきました。お二人とも“響きのあるピアニシモ”が持ち味。下の記事、ご参照ください。

【井上さん】 紀尾井ホールデビュー報告(後編)
【中村さん】 国際アマチュアピアノコンクールの本選を観に行った

結局のところ、うちの師匠もよくおっしゃることだけど、コンクール評価の基準は「音楽的であるかどうか」。もう一段、掘り下げると「演奏を“朗読”として捉えた際、聞き手に意思が伝わるかどうか」なんだな、と確信しました。

今日の審査員に拍手です。

ふふ、オレの耳に狂いはなかったぜ‥‥(自慢)。

スポンサーリンク

コメント

  1. より:

    >もしも、除草&側溝どぶさらい作業をブッチして、ピアノのコンクールなんぞに行こうものなら、妻&ご近所の主婦から中国・文化大革命ばりの糾弾を受けるはず。なわけで、今日は一日、軍手にスコップで、友人のステージに思いを馳せていました。

    これには、笑ってしまいました。
    でも、いつも、鍵盤うさぎさんは、良いお父様、旦那様しているなと思いますよ。♪

    早く、次の生活スタイルが見えて、ピアノにも集中できる環境になると良いですね。

  2. 鍵盤うさぎ より:

    桜さん、こんにちは。そうですね、新しいライフスタイルが定着するのは、どうやら今年いっぱいかかりそうです。いい意味でも、悪い意味でも、10年に一度の変化の年になりました。

  3. アシル より:

    今日の審査員に拍手です。

    にょにょん
    嬉しいです!
    審査をした師匠に詳しく聞いてみたいです。

    でも、本当に嬉しいですよね!

    私は舞台に上がった茜さんを見ただけでうるうるきてしまいました。。。

  4. 鍵盤うさぎ より:

    アシルさん、いや、本当にうれしい! 我々社会人アマチュアの想いが一つになるような気分でしたね。